FreeStyle リブレ Pro システム

FreeStyle Libre Pro System
FreeStyle Libre Pro System

いろいろ活動量計はあるが、血糖値の連続測定装置を購入。これはガチ真宗いや侵襲なので取り扱いがデンジャーとされる。(あくまでも国内ではという話で、海外では普通に購入できる)国内価格はセンサ、本体ともに0.7諭吉。国内物。

どういう商品なのか、JPではなく、あえてUKのサイトを紹介

http://www.freestylelibre.co.uk/

今、データ収集のため装着を開始。いまは針付きのコイン型センサが腕にぷちゅっと刺さっている。ちょっと貼る場所ミスって、腕を動かすと筋肉に違和感がある。ニノ腕のプニプニ部がおすすめ。しかし低血糖だなあ・・・。あ、MRIに入れない・・

 

以下技術内容解説

センサモジュールには酸化銀電池が内蔵されており、15分おきの血糖値を自動測定。データはモジュールに8hまで蓄積されていて、時々リーダーで触れるだけで機器にダウンロードできる。センサモジュールは世界共通仕様、IP27防水、ディスポーザルで、寿命は14日(1日当たり500円ぐらい、まあスタバでカフェぐらいか・・。)。最後は内蔵マイコンで強制ターミネイトされ再利用は不可。リーダーはタッチパネル式のM1000みたいな端末。国別ですべて表示言語が異なるので注意。これは国内物だが、日本語フォントがあやしい。充電兼用のUSB端子があり、PCとつなぐとグラフ化などの統計処理できる。

モジュールとリーダー間はS社の汎用NFCで通信しているためandroidのスマホからもアクセスできる。(Abbott社の正規アプリは海外でのみDL可。VPN必須)フリーのサードパーティアプリもあるが、センサに記録された出荷時校正パラメータが反映されず、またセキュリティ上もちょっと怖いのでパス。林檎電話7なら出来るよね・・出ないのか?

んで、だれか、体を張った経口ブドウ糖負荷試験という名目で、甘い物をたくさん食べに行きませんか?(きれいな女子限定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です